Loading…
LL

Lukas Lundell

Lukas Lundell is the Global Director of the Solutions and Performance Engineering at Nutanix, the team validating key commercial software products and customer use cases on the Nutanix Virtual Computing Platform.  Lukas also manages the technology and support partnerships in place with VMware, Citrix, Microsoft and other Nutanix technology partners to ensure cross-organizational compatibility and alignment of future product features.
Prior to his role at Nutanix, he was a Technical Architect and Project Manager at Accenture where he consulted for large Government Intelligence, Financial Services, and Retail clients. Lukas worked within Accenture's R&D group (the Accenture Technology Labs),  where he was responsible for evaluating emerging technologies in the infrastructure space to determine how they will impact Accenture's business and its clients across all of Accenture's operating groups and geographies.
Lukas holds a B.S.E in Computer Engineering from Northwestern University. He is an expert in virtualization, data center infrastructure, and cloud computing.

Lukas Lundellは、Nutanixでソリューションおよびパフォーマンス エンジニアリングを担当するグローバルディレクターです。同チームは、Nutanix Virtual Computing Platform上で、主要な商用ソフトウェア製品やお客様の使用事例の検証を行っています。またLukasは、VMware、Citrix、MicrosoftをはじめとするNutanixのテクノロジーパートナーとの間でテクノロジー及びサポートパートナーシップのマネージメントも担当。組織上の調整や将来の製品機能に関する整合性の確保に努めています。
Nutanix入社以前、Lukasはアクセンチュアのテクニカルアーキテクト及びプロジェクトマネージャーとして、政府情報機関や金融サービス、リテールなどの大手クライアントのプロジェクトに従事。アクセンチュアのR&Dグループ(Accenture Technology Labs)に在籍し、インフラストラクチャーに関する新たなテクノロジーがアクセンチュアのビジネスや全世界のクライアントに与える影響について検証を行ってきました。
Lukasは米ノースウェスタン大学でコンピューターエンジニアリングB.S.Eの学位を取得。現在は、仮想化、データセンターインフラストラクチャー、クラウドコンピューティングの専門家として活躍しています。

My Speakers Sessions

Tuesday, October 27
 

3:10pm